Welcome to my blog

能登島の暮らしを楽しく!

~ 能登島公民館ブログ ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 丹羽健司さん講演会

去る7月10日(木)、地域再生機構で木の駅アドバイザーをされている
丹羽健司さんの講演会を開催しました。

チラシ

今後も継続して活動していただけそうな方20名くらいにきてもらえればと考えていたのですが、
ふたを開けてみると37名!
UIターンの方や女性などもいい感じの割合で来てくださり、とても新鮮な集まりとなりました。

1_20140725091109d1a.jpg 4_20140725091112d90.jpg

今回のお話は、地域で循環するエネルギーとして特に薪を取り上げ、
里山再生と山の仲間作りを目標に活動していこうとする際に、
「木の駅プロジェクト」という取組が参考になるのではと、岐阜県での活動の様子をお聞きしようと
講師をお招きしたものです。

ニュースで取り上げられた際の映像に始まり、山のデータを図で示してくださったり、
実際の活動の様子や、それによって地域の人たちがどう変わっていったかということを
具体的にお話くださり、参加者も聞き入っていました。
「木 本位制」として制度設計することや、地域でエネルギーを生み出し、それを地域で使用するとどうなるのかという
話が一番衝撃的でした。↓
2_20140725091110f36.jpg

この後、話を踏まえて簡単なワークショップを。
UIターンの方たちや女性には各テーブルに分かれて入ってもらい、
ファシリテーターを担ってもらいましたよ。
3_201407250911119c0.jpg

アイスブレイクに、軽トラにちなんで「軽トラに乗せているもの」の古今東西をした後、
講演会を聞いて興味を持った点・能登島でも考えられそうな点をたくさん挙げてもらい、
その中から各テーブル1つのテーマを選んでのフリートークという流れでした。

アンケートを見ると、理解度、満足度が非常に高く、前向きな意見ばかりで驚きました。
本当に能登島の人たちだったのか?!と思うほど。
「とにかくやってみる」「行政がするんじゃない、本気の人がやるんだ」という力強いお話に
心を揺さぶられたことがよくわかるアンケート内容でした。



スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。