Welcome to my blog

能登島の暮らしを楽しく!

~ 能登島公民館ブログ ~

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東海北陸公民館大会行ってきました

9月6日・7日の2日間、出張でお隣富山県まで、
第49回東海北陸公民館大会 富山大会 に行ってきました。

NCM_0108.jpg

昨年は金沢市で全国大会と合同の大きな大会だったため、運営係にまわり、
参加したという感じじゃなかったので、今年は楽しみにしていました。
去年、社会教育主事の講習を一緒に受けた方々もちらほらおいでて懐かしかったです♪

今回資料をもらってから一番楽しみだったのが、
富山県立南砺平高等学校(HP)の郷土芸能部によるアトラクション「越中五箇山民謡」です。

NCM_0110.jpg NCM_0111.jpg

NCM_0115.jpg NCM_0121.jpg

NCM_0124.jpg

全国高等学校総合文化祭常連校というのも頷けます。
これまで見たことがある、小学生が踊るのとも、熟年の方が踊るのともちがう、
高校生らしい瑞々しさと繊細さ、郷土芸能に対する真摯さ、男子の力強さなどなど、本当に感動しました。
これを高校の部活として取り組んでいるということでした。
地域の皆さんの熱意までも伝わってくるようでした。
能登島でも秋祭りの踊りが減ってきていますが、遠い将来(と思いたい)、このような形で
郷土芸能に取り組む方法もあるのだなぁと思いました。

この後の記念公演は辛いかなぁと思っていたのですが、
「防災・減災と公民館の役割」というタイトルの、公益財団法人市民防災研究所特別研究員の
細川顕司さんによる講演は、体験やデータに基づいて大変聴きやすいもので、
最後まで興味を持って聞くことができました。

翌日の分科会では、「地域の社会教育と公民館」という分科会で、
NPO、各種団体をつなぐ公民館のネットワークづくりとあったので、
それを期待していたのに、公民館の種類の話や青年の活動に終始して、それが残念でした・・
しかし富山県において、人材育成に対する市や市公連のお金の使い方、施策の方向が大変素晴らしく、
真似しようのないところで色々勉強になりました。
(大声でいえませんが、富山市の公民館関係予算、5億9千万円だそうです!!!!
 びっくりを通り越してポカーーーーン・・・・・・て感じでした。いくら人口が違うにしても別世界の話です・・・)


帰り道、白川郷に立ち寄り見学。
色々思うところありましたが、ここで暮らすのは色んな意味で大変だろうと推測され・・・
あんなのも大変だろうな、こんなこともあるやろうな・・
合掌造りじゃない家の方はどうされているのかな・・などといらんことを考えすぎて心から楽しめず(-_-;)
といいつつしっかりお土産は買って帰りましたが!
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。